Skip to content

https化はSEO対策になるのか

SEO対策の内部施策の1つとして、サイトの「https化」というものがあります。これは簡単にいうと、サーバーとクライアント(ブラウザ)の間での通信を暗号化するプロトコル(通信規約)で、https化されているサイトは、安全にサーバー・クライアント間で通信ができるというものです。昔は「http」という暗号化されていないプロトコルが主流でしたが、今はどんどん「https」の方が主流になっているかもしれません。入力フォームなどがないようなサイトなら、あまり暗号化通信にしてもセキュリティ上の利点は無いようにも思えますが、SEO対策としてはhttps化しておいた方がいいでしょう。

検索エンジン大手のグーグルは、https化しているかどうかを検索順位を決めるさいの指標の1つにしていると言われているので、SEO対策としてやっておいて損はありません。昔はhttps化するためにはコストが必要だったりする場合もありましたが、今は無料でもできますから、新規にサイトを立ち上げるなら最初から実施しておくのがおすすめです。ただし、この施策をしたからといって劇的に順位が上がるというものではありません。過度な期待は禁物です。

検索順位を決める大きな要因は、やはりコンテンツの質や被リンクであり、プロトコルの変更がSEOに与える影響はかなり微々たるものです。それでも、一部のブラウザでは暗号化されていないプロトコルだと警告が出たりするので、ユーザーに不安を与えないためのもhttps化はしておいた方が好ましいです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です