Skip to content

低品質コンテンツを無くしてSEO対策

現在のSEO対策で重要なのは、高品質なコンテンツを作成することです。オリジナリティがあり専門性もありユーザーの役に立つのが高品質なコンテンツということになりますから、検索順位で上位になりたいなら、そういうコンテンツを頑張って作らなければなりません。逆にいうと、低品質なコンテンツは作ってはいけないということです。高品質なコンテンツはいくらでも量産すればいいですが、低品質なコンテンツをたくさん作ってしまうと、そのページはもちろんのこと、検索エンジンによるサイト全体の評価も悪くなり、順位が上がらない大きな原因になりえます。

低品質ページばかりのサイトになると、ペナルティを課せられて検索に全然出でこなくなってしまうという事も起こりえます。低品質なページをつくることは、現在のSEO対策では絶対にNGだと肝に銘じておかなければいけません。とはいうものの、実際にサイトを作っていると、中身がペラペラの低品質なページが出来てしまうこともあるでしょう。悪意は無いのにやむを得ずそういう低品質ページが出来た場合はあまり神経質になることもないのですが、どうしても気になるようならnoindexタグを使うといいかもしれません。

noindexタグをページに記述しておけば、検索エンジンに登録されませんし検索結果に出てくることもなくなります。消極的なSEO対策テクニックですが、覚えておいて損はありません。ちなみに、このタグを記述すると本当に検索に出てこなくなりますから、記述ミスには気をつけましょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です