Skip to content

SEO対策でALT属性を設定するケースとは?

SEO対策の基本は正しいHTMLをコーディングすることから始める必要がありますが、HTMLにはXMLのような厳格な決まりというものはないので、ある程度の簡易的なコーディングでもSEO対策に影響を与えないことも少なくありません。しかし、HTMLタグの中にはアンカーのような直接SEO対策に影響を与えるものもあるので、正しい記述ができるか否かはSEOでの成果への期待値を引き上げるポイントになって来ます。HREFタグはいわゆるリンクへの要素を意味するもので、ここには色々な属性を付与して機能アップを図ることができるような仕様になっています。リンクの一つでもあるアンカータグが画面上に画像などを表示させたいときに使うもので、ここには属性の一つでもあるALT属性は、画像にマウスを近づけた際に画像の説明などを表示させることができる機能を持つ属性です。

SEO対策の中ではアンカータグに対してすべての要素にALT属性を設定することが推奨されているのですが、これはケースバイケースであり必ずしも設定をしなければならないわけではありません。ラインマーカーはサイトデザインを作り出すためのもので、SEO対策で求められるサイトコンテンツとは無関係な属性です。設定することで値を決めなければならないなど余計な工数が生じてしまう、ここに着目してしまったため他の重要な部分にぬけが生じてしまうなどもないわけではありません。ラインマーカーの場合は属性そのものは入れておく必要がありますが、値を入れる必要はないのです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です