Skip to content

A要素はSEO対策で重要なHTMLタグです

SEO対策には内部対策と外部対策の2つに分けて考える必要がありますが、外部対策は被リンクと自らのウェブサイトが張ったリンクの2つが含まれます。SEO対策の中では被リンクにおいての対策のウェイトが大きくなるのですが、自らのウェブサイトが張っているリンクにおいても重要な要素があることを覚えておく必要があります。自らのホームページからリンクを張るときにはA要素と呼ぶHTMLタグを使うことになりますが、リンク先は人が多く集まるなどに関係なく有益な情報を自社サイトにアクセスしてくれたユーザーに与えることができることが基本となります。SEO対策には正しいSEOでもあるホワイトハットとやってはいけないブラックハットの2種類がありますが、被リンクやA要素でリンクさせるウェブサイトは正しい手法で対策を講じているところを選ぶことが基本です。

A要素は他のウェブサイトの場合もあれば、自社サイトの特定の位置にリンクを張るときに使うもので、A要素には色々な属性を与えて機能を持たせることもできます。例えば、「nofollow」と呼ぶ属性がありますが、この属性を使った場合は検索エンジンでもあるクローラーに対してリンクを辿ってはならないといった意味になり、外部の有料サイトや信頼が薄いウェブサイト、自社内のウェブサイトの中で検索エンジンから評価される必要がないリンク先などへのアンカーに設定するときに使うなど、属性をどのように使うのかもSEO対策には必要なものです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です