Skip to content

アンプ化によるSEO対策の効果とは?

SEO対策の中ではたびたび専門的な用語が登場することが多いと感じている人も多いかと思われますが、専門用語を理解しておくことはSEO対策を行うときに何をすべきかの判断が付けやすくなりますので、現在対策を行うことを検討されている場合は最初に専門用語の意味をしっかり抑えておいて、その上でSEO対策を考えることをお勧めします。AMPと呼ぶものがSEO対策の中で登場することがありますが、AMPはグーグルおよびツイッターで共同開発が行われているもの、スマートフォンなどのようなモバイル端末でウェブページを高速表示させるためのフレームワークを意味するものです。AMPは「AcceleratedMobilePages」の略語で、HTML5・CSS3・JavaScript・グローバルプロキシキャッシュの4つで構成されており、この4つは主要素になるものです。AMPのフレームワークはオープンソースであり、仕様そのものが公開されているため開発者はその仕様に沿ってモバイルサイトを構築する、これによるグーグル検索やツイッターなどからリンクを開くするときに表示速度を速めることができるようになります。

AMPのフレームワークを利用することで、モバイル検索での注目を集める効果、大幅な高速表示はランキングの良い影響を与えてくれる、そしてユーザービリティの改善により検索エンジンからの評価する指標への改善が見込まれるなどSEO対策の効果への期待に繋がります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です