アスリートは常日頃から厳しいトレーニングを積み重ねていますが、高いパフォーマンスを発揮するためには体のコンディションを整えることが非常に重要です。競技に必要な筋肉を鍛えなければなりませんし、怪我を防ぐためのトレーニングやケアを行う必要もあります。体作りに欠かせないのが食事で、近年はスポーツ栄養学を取り入れているアスリートも多くいます。スポーツ栄養学は、トレーニングに見合った栄養をどのように取り入れればいいかを学ぶ学問です。

体に必要な栄養素には、糖質・タンパク質・脂質・ビタミン・ミネラル等色々あります。疲労を回復させるのに役立つ栄養素などもありますし、運動の基礎となる筋肉を作るのに欠かせない栄養素など様々です。どんな栄養素をどんなタイミングで摂取すればいいのか、どれぐらいの量を摂取すればいいのかといったことを学ぶのがスポーツ栄養学になります。例えばタンパク質は筋肉の元になる成分なので、摂取量が少ないと効率的なトレーニング効果を発揮することができません。

また、必要な量は行っているスポーツの種類や年齢、体質などによっても変わってきます。瞬発力が必要な競技もあれば、持久力が必要になる協議もあります。栄養バランスの良い食生活を送っているからといってすぐに効果が出るわけではありませんが、長い目で見ると体のパフォーマンスを高めるのに必要なものです。トップアスリートではなくても、部活動をしているお子さん等もスポーツ栄養学を取り入れるといいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です