スポーツ栄養学で重視されているのは5大栄養素です。5大栄養素にはそれぞれ役割があり、体のバランスを調整するために必要なのはビタミンとミネラルです。スポーツをする時にも体のバランスを整えることは必要になり、バランスが悪い状態で本番に臨むと、良い結果を出せない場合が多いです。ビタミンが多く含まれている食べ物としてあげられるのは野菜です。

緑黄色野菜にはビタミンが豊富な物も多いです。食事で野菜を積極的に食べることは、スポーツ栄養学の見地からも大切で、サラダなどは作る手間もかからないので、食べやすいメニューです。生野菜が嫌いなスポーツマンの場合には、煮物の材料として野菜を多く使う方法もあり、柔らかく野菜を煮込めば、おいしく野菜を食べることができます。ミネラルもスポーツ栄養学では大切な栄養ですが、ミネラルはどのような食品にも多く含まれている栄養素ではないため、しっかりと摂取したい場合にはメニューを工夫する必要もあります。

ミネラルを多く含んでいる食品としてあげられるのは海藻で、ひじきは特に多くのミネラルを含んでいます。ひじきを煮たものを毎食食べれば、効果的にミネラルを摂取できます。ミネラルを摂取したい時には肉類を多く食べる方法も最適です。肉類の中でも多くのミネラルを含んでいるのはレバーで、豚肉のレバーはミネラルが特に多いことで知られています。

乳製品にもミネラルは含まれていて、牛乳を毎日飲むだけでもミネラルを補給できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です