スポーツ栄養学は、筋肉を作ったり、身長を伸ばしたり、持久力をあげたりなどアスリートに必要な栄養の知識のことです。食事やサプリメントなどの知識を持って、アドバイスや実践させる能力が身に付きます。どんな栄養素がどのような効果を発揮するかを知ることが主なことで、次にどうやれば効率的に摂取できるかやどのタイミングで摂取すればいいかの方法論を学ぶのです。栄養素と効果という点では、例えば、汗をかいて疲労感があればナトリウム成分が必要となります。

持久力が落ちてきたら炭水化物の摂取が必要となります。身長を伸ばすためにはカルシウムが求められるのです。効率的な摂取という観点では、ピンポイントで必要な栄養素を摂取することです。例えば、汗をかけばスポーツ飲料水でナトリウム成分が入ったものを取ります。

しかし、水分や糖分がふようで体重増加や満腹感でほかの栄養素が取れないことが想定されます。また、親和性の悪い栄養素の効果をかき消してしまうことにもつながるのです。スポーツ栄養学ではサプリメントという方法がありそれだけを水分なしで摂取する知識があります。これらの知識は、大学や専門学校でスポーツ系を専門とする分野で学ぶことができます。

また、資格試験もあり、通信教育や書店で本を購入して自分で勉強することも可能です。セミナーもあり専門をしている講師が教えてくれる機会も世の中で提供されています。スポーツ栄養学は誰でも学べるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です