スポーツ栄養学は名前の通り、スポーツや運動を前提とした栄養学のことで、パフォーマンスを引き出す為の理論が体系化された学問だといえます。つまり、持久力が求められるスポーツで持久力を高めたり、瞬発力を引き出すにはどの栄養をいつ摂れば良いかなどが分かります。当然ながらアスリートは疲労回復も重要ですし、いかに効率的に疲労を残さないように回復するか、栄養の観点からも取り組むことが不可欠です。スポーツ栄養学はまさに、全てのアスリートにとって役立つ有用な情報の集合体で、精通する栄養士の助言を受ければ誰もがパフォーマンスを引き出すことが可能となります。

日本では公認スポーツ栄養士という専門職が、スポーツ栄養学に精通する専門家として認知され始めています。スポーツ栄養学は端的にいえば、何をいつどれくらい摂るのがベストか、体系化して役立てる学問となります。効果がなければ意味がありませんから、科学的なエビデンスに基づいて体系化されたり、サプリメントなどの商品開発も行われています。プロアスリートにとっては栄養管理が重要なので、第一線で活躍するアスリートには栄養士の専門家がついていることが珍しくないです。

その1つがスポーツ栄養士で、スポーツ栄養学を知る専門家が根拠のある栄養管理のアドバイスを提供しています。日本では管理栄養士が有名ですが、スポーツ栄養士はスポーツに関わる専門職として注目を集め、栄養学もまた重視される傾向が見られます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です