スポーツ栄養学とは、アスリートやスポーツマンをはじめ、運動部など積極的に身体的な活動を行っていることの多い人に向けた適切な栄養学です。アスリートやスポーツマンは試合などで最大限の能力を発揮するために、一般的に運動をしない人とは違った栄養の取り方をする必要があるといわれています。また、けがなどを防いで質の高いトレーニングを行えるようにして、長く協議を続けられるようにするために、どのような食事をとったらいいのかをサポートすることが必要です。通常の栄養学との違いは、食品の成分中の栄養素だけでなく、食べたらどんな働きになるのかを考え、最適な栄養を得るためのポイントをサポートするのが通常の栄養学で、アスリートの身体能力や代謝など様々な視点に対してではなく、包括的な人間に向けた栄養学であることといえます。

強くなりたい人と働くために食べる人とでは、必要な栄養素は多少異なることは事実です。また、アスリートが適切に生活できるように食生活の面からサポートできるようにすることも、スポーツ栄養学のポイントといえます。体力を維持させ、競技を行うのにふさわしい身体を作ることができる栄養素を取るためのサポートを行うことが可能です。ただし、体調を崩さないようにサポートするのはコーチなど周囲のスタッフや、自己管理力となるため、注意してください。

あくまでもスポーツ栄養学では、多くのアスリートたちが最適な身体を作るための栄養学であるため、すべてにおいて完璧にサポートできるわけではないからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です