スポーツ栄養学とは、スポーツと栄養との関係についての学問ですが、要するにスポーツで高いパフォーマンスを発揮するためにはどのような栄養素をどのタイミングで摂ることが最も望ましいかについて、適切な示唆を与えてくれるというように考えることもできます。例えば、持久力が必要なスポーツ選手の場合、試合や競技の前にはできるだけ筋肉や肝臓にグリコーゲンを蓄えておくことが理想です。持久性を発揮させてくれるのは、血中の糖質でもなければ皮下脂肪でもなく、グリコーゲンだからということになります。このため、例えば試合の数日前くらいからは、普段の食事よりはご飯やパンなど炭水化物の比率を増やすといったことが適切と考えられ、実際にも応用されています。

これはグリコーゲンローディングと呼ばれ、スポーツ栄養学の成果の一つということができます。スポーツ栄養学の別の考え方の例としては、例えば脂質については確かに大きなエネルギー源ではあるものの、消化や代謝に時間がかかることが挙げられます。つまり、例えば試合や競技の当日、いくらカロリーが高いからと言って脂質に富んだ食事をすることは好ましいことではありません。また、野菜や海藻、キノコ類など、ビタミンやミネラルを多く含み、体調を整える意味で一般的には摂取が望まれる栄養素にしても、消化吸収という意味では決して試合当日とか直前に多くは摂るべきでないと考えられています。

スポーツ栄養学にはこのような応用例があります。スポーツ栄養学のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です