スーパーフードの王様と呼ばれ、メディアでもよく取り上げられているものに、スピルリナがあります。一言で言えば、藻なのです。全長が0.3~0.5mmの微細藻類ですが、大変に栄養豊富なのが特徴です。アフリカや中南米などの熱帯や亜熱帯地方、またアラビア半島の死海などに多く生息しています。

そういった高温、高アルカリ、高塩分というシビアな環境条件のもとで繁殖しているのですが、たとえようもないほどの強力な生命力を有していることは容易に想像できます。このスピルリナが持つ有効成分は、まさに驚異的です。タンパク質と言えば大豆を思い出す人が多いでしょうが、スピルリナの場合は、大豆以上の含有量を誇っています。ほかに、必須アミノ酸の一種のフェニルアラニン、高濃度のビタミンB群、鉄分、30種類以上ものミネラル等々、栄養成分の宝庫と言っても過言ではありません。

いろんな効果が期待できるのは当然です。まずは、リンパ球が活性化することで免疫力が高まることが確認されています。また、核酸を含んでいますので、細胞からの若返りを期待することができます。年齢を重ねることで、人間の体の中で作られる核酸の量は次第に減っていくのですが、スピルリナから核酸を摂ることで新陳代謝が促進され、その結果、アンチエイジングにつながっていきます。

ほかにも、抗炎症作用、貧血予防、肥満予防、アレルギー症状緩和、疲労回復、コレステロール値低下などの効果が期待されています。スピルリナは現代人への福音です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です