スピルリナとは、微細藻類に分類される植物性プランクトンです。動植物の起源となった生物といわれており、ビタミン、ミネラル、食物繊維、必須アミノ酸、たんぱく質など豊富な栄養素を含んでいるという特徴があります。特に良質なたんぱく質が豊富であることから、飢餓対策など将来の食料源としても注目されています。歩く緑黄色野菜といわれているほどです。

それらの豊富な栄養素は、人間の体に必要とされるたくさんの栄養素であるため、野菜不足といわれる日本人にとっても健康維持に効果があると人気が高まっています。スピルリナから得られる効果としては、免疫力アップや肥満予防、アレルギー症状の改善、貧血の改善、抗炎症作用、腸内環境の改善やアンチエイジング効果などです。抗酸化作用もあり、老化や病気の原因といわれる活性酸素を除去する作用があります。健康面だけでなく美容面でもうれしい効果があります。

そのためスピルリナは世界中から注目されているのです。スピルリナはダイエットや健康維持のための栄養補助食品として、サプリメントで摂取できます。1日あたりの摂取目安量は2~6gとなっています。適量摂取なら副作用の心配はありません。

過剰摂取してしまうと、下痢や発疹などの副作用があらわれる恐れがあります。たくさん摂取したからといって、健康や美容効果がアップするわけではありません。サプリメントの規定使用量をしっかりと守って飲むことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です